コンテナハウスについて

コンテナハウスとは、輸送に使われる四角いコンテナの内部に居住できるよう手を加えたもので、住まいのひとつとして注目されています。

さまざまな塗装を施してデザイン性を持たせ、窓を設置し、内部に断熱材を施して居住性を持たせます。

もともと輸送用の容器なので丈夫にできており、いくつかをつなぎ合わせることで広い建物や2階建て、3階建ての背が高い建物も実現可能です。

数日程度でかんたんに設置することができ、新築の建物を建てた場合に比べて設置費用を抑えられます。

また、加工の自由度も高いので、賃貸住宅や事務所、ガレージ、倉庫、趣味の部屋、「贅沢キャンプ」として貸出事業

など様々な用途に対応できます!

コンテナハウスのメリット・デメリット

メリット
  1. 工場である程度作成するので、作業工程が短縮されます。
  2. 近い将来訪れる大工不足の解消。
  3. 木造並の建築コスト
  4. 耐久年数が木造より5年長い。
  5. 移設が可能。
  6. フレーム自体で構造が保たれるので、間口の位置やサイズの自由度が高い。
  7. 構造計算により2階建て・3階建ても可能。
デメリット
  1. 夏の暑さ、冬の寒さ対策。
  2. メンテナンスは未知数。
  3. 設置場所によって搬入が出来ない。
  4. 錆対策。

セカンドハウス

まとめ

コンテナハウスは価格が安く、スタイリッシュな住宅を短時間で建てられるのが大きな魅力です。

用途は、セカンドハウス・別荘・仮設住宅・賃貸(アパート)・民宿・店舗など多岐にわたり需要が見込めます。

コンテナを組み合わせることで2階建てや3階建てもできます。

施工に際し、暑さ寒さや湿気、雨漏り対策などを万全にし、快適に暮らせるように建築をします。